FC2ブログ

三助堂の施術者日記

丸の内線「新宿御苑前」駅A1出口より徒歩1分の「はり」「温きゅう」「マッサージ」院

ひとつの時代が終わりました

昨夜ひっそりと
浅田真央が引退発表をしました。

友人から夜の23時過ぎにメールがきて知りました。

突然すぎます…。

近く引退するとは思っていたけど、それは早くて今年の全日本だとばかり思っていました。

まさかこのタイミングとは…。


真央ちゃんらしいといえばらしいのですが^^;

来期のアサインもあるし色々と考えてのことなのでしょうね。

ただこちらとしては不意打ちをくらい心臓止まりそうになりましたよw

最後まで彼女はシナリオクラッシャーでしたw

今朝起きたら左目が痛くなり病院に行ったらストレスからくる角膜炎だと言われました。

先生に何か最近大きなストレスはあった?と聞かれ、すぐさま「昨夜浅田真央が引退発表したんです」と答えましたw

それぐらい自分にとってはショッキングでした。


正直とても寂しいです。

まだまだ真央ちゃんの競技プロを観たいです。

毎日のようにどうずれば真央ちゃんが勝てるか考えてました。

ジャンプ構成とか色々と…。


でも心のどこかでホッとしている自分もいます。

真央ちゃんはずっと戦ってきたから。

それも想像異常に過酷な戦いでした。

後ろ盾も何も持たない少女が、国や警察ややくざをバックにもつ敵と戦うようなもんです。

普通なら精神崩壊するか逃げるかになるでしょう。

でも彼女は必殺の武器をたくさん持っていました。

その武器を信じ、駆使して戦い続けました。

敵に武器を奪われることもありました。

最近では年齢や怪我にも苦しみました。

応援しているだけの自分もとても苦しかったですから、本人の苦しみは計り知れないものだと思います。


それでも彼女は12年間もの間、向かい風に負けずに世界のトップレベルに居続けました。

将来子供が産めなくなるかもしれないと言われながら競技のために体形を維持し続けました。

これはもはや奇跡以上のことだと思います。


こんな魅力的なスケーターは二度と現れないでしょう。

こんな偉大な成績を残すスケーターは二度と現れないでしょう。


不器用で頑固で一生懸命で努力家で、才能にも恵まれ、それでいて誰よりも愛くるしく、どんな男よりも漢でした。

漫画や小説よりもドラマチックな競技人生でした。

彼女と同じ時代を過ごせたこと、ずっと応援してこれた自分は本当に幸せ者です。

胃をキリキリさせながら心臓をバクバクさせながら試合を観て、泣いて笑って。

その笑顔に癒されて、生きる喜びや勇気をたくさんもらいました。


今回の決断も相当苦しんだはずです。

彼女が決めたことをしっかりと受け止めたいと思います。

本人も言ってますが彼女の人生においてこの決断は一つの通過点でしかありません。

今後どのような去就が待っていようとも今までと同様、それ以上に彼女を応援し彼女の幸せを祈り続けたいと思います。

真央ちゃん、貴方は僕にとって今までもこれからも永遠のヒロインです。


本当に、本当にお疲れ様でした。

maoto.jpg


  1. 2017/04/11(火) 10:38:58|
  2. フィギアスケート
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad