三助堂鍼療院

丸の内線「新宿御苑前」駅A1出口より徒歩1分の「はり」「温きゅう」「マッサージ」院

恋人たち

という
映画を観ました。

お客様にお借りしたブルーレイで。

恋人たち2

2015年公開。 
監督・脚本・原作は橋口亮輔。

3年前に妻を通り魔に刺殺された男、パートの主婦が怪しい男と出会う話、
ゲイで空気の読めない弁護士の苦悩の3つのストーリーが交錯する群像劇。


凄く重いテーマです。

でもとても良かったです。

主人公の三人は新人らしいけどそれがとても良かった。

その彼らのはく言葉を脚本に生かしているらしくとても自然。

特に成島瞳子が演じるパートの主婦は凄かった。

恋人たち3

正に体当たり演技。

42歳のにじみ出る生活臭、熟れた色気がもう半端ない。

そして篠原篤。

恋人たち

すごく役にハマってました。

下や横を向いてうつむいている姿がとても様になる。

ただうつむいているだけで絵になる役者はそうそういないと思います。

主題歌もとても合っていましたね。

繊細な旋律が僅かに見え始めた希望を表現しているかのように感じました。


そして何より特典映像のメイキングがとても良かった。

貸して頂いたお客様にメイキングは絶対見てと言われてました。

監督の篠原篤への愛が解るからとも。

もうね、凄く愛を感じました。

クライマックスに篠原が独白するシーンがあって、それを何度も撮り直している撮影現場の映像があるのです。

それを観て、泣いてしまいました。

本編では泣かなかったのですが^^;

OK版とダメ版の演技の差も良くわかり、ことさら感情移入してしまいました。


この監督の役者への愛を目にして、河○直美にこの監督の爪の垢を煎じて飲ませたいと思いました。

まぁあれだけ自分大好き、カンヌ大好き、役者もいい風景も日本の美も全てカンヌで賞を取るための道具としか思ってない人に何飲ませても無駄でしょうけどね~。



  1. 2017/06/02(金) 18:55:18|
  2. 映画
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad