FC2ブログ

三助堂の施術者日記

丸の内線「新宿御苑前」駅A1出口より徒歩1分の「はり」「温きゅう」「マッサージ」院

自営業の老後②

①の続きです。
先日たまたま本屋でこんな本が平積みされてました。

『自営業の老後/上田惣子 著』

ここ最近、収入のことや将来のことで悩んでいた僕にとって運命的な出会いでした。

すぐさま買いましたよ^^


漫画エッセイ風なのでとても読みやすいです。

作者はピーク時には年収1000万円をこしてた53歳の売れっ子イラストレーター。

40歳で病気にかかり、治ったものの仕事数が段々と減り、現在では年収も1/3になって、そこではじめて将来の不安を感じたそうです。

同業者の旦那もいるし持ち家もあるし、年収200万円の僕に比べたらはるかにハイレベルな個人事業主だと思います。


この本を読んでて初めて知る単語が2つ出てきました。

「確定拠出年金」

「小規模企業共済」

今まで聞いたことがありません。

この2つが滅茶苦茶凄いらしいです。


本の中の専門家の先生は、「民間の個人年金や養老年金は今すぐ解約してこの2つに少額でもいいから入っておけ!」と叫んでました。

この2つは何が凄いかというと利回りの良さと掛け金が全額控除対象となることです。

個人年金よりもはるかに高い利回り。

個人年金は最大で40000円しか控除対象になりませんが、こちらは全額。

節税効果も抜群です。


もっと早く知っていれば…

去年個人年金に入ったばかりなのに^^;


取り合えず僕は小規模企業共済に加入することにしました。

小規模企業共済は個人事業主の退職金代わりになったり、65歳になったら一括や分割で給付金を受け取ることが出来ます。

んで、一昨日手続きしてきました。

銀行に行けば手続きできると思って行ってみたらまずはここに電話しろと言われ、それから申込用紙を送ってもらい記入して、確定申告の控えを持って再び銀行へ行って書類を提出。

shoukibo.jpg

何とか無事に手続き出来ました。

掛け金は毎月20000円を設定。

これは後で変更もできるとのこと。

今から65歳まで25年間払い続けて、10年分割で給付金を貰うとなると月額約55000円貰えるようになります。

掛け金20000円は自分にとってかなり出費です。

今後相当切り詰めないとなりません。

でも精神的にはかなり楽になりました。

きつくなったら個人年金を解約してでも続けたいと思います。


将来のことを考えている個人事業主の方、ぜひ一度ご検討されてはいかがでしょうか。





役に立つなと思ったらこちらをクリック↓。
  1. 2017/08/04(金) 17:10:10|
  2. 読書(小説・漫画)
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad