三助堂鍼療院

丸の内線「新宿御苑前」駅A1出口より徒歩1分の「はり」「温きゅう」「マッサージ」院

Praying

Kesha(ケシャ)
がこの夏に発売した曲です。

ジムの有線で流れてて、一際異彩を放ってました。

ソウルフルというかもう絶唱です。

久しぶりにこんな凄い曲を聴きましたよ。

ライブ版とかじゃなくCD音源でここまでビンビンなのは初めてです。


サビの部分は解りやすい英語なのでなんとか意味が解りました。

「あなたがどこかで祈っていることを願います。

あなたの心が変わることを願います。

あなたが平穏を見つけることを願います。」

とかそういう意味でした。

でもなんか曲から感じるイメージとは違う…。

そこで色々と調べてみました。



このサイトが一番詳しく書かれてるようでした。

ケシャ最新曲「Praying」MV公開、レイプ、精神的・肉体的虐待による摂食障害・うつ病から見出す『Rainbow』

もの凄いことになっていたのですね。

音楽プロデューサーから受けた仕打ちの数々…。

裁判では負けてしまったものの、彼女の受けたことが事実ならば、彼女の苦しみはいかほどの物なのかと想像を絶します。


怒りって湧き出ててる時は自分自身を飲み込み破滅させるほど邪悪で強大になる。

けど煮詰まって煮詰まり続けていざ沸点にまで達すると急転換して180度その性質が変わりますよね。

凄く冷静になって、今度は相手に対して哀れみを感じ始める。


この歌は正にそれを歌っているのだと思いました。

僕が調べて感じたことからこの曲の歌詞を勝手に要約&意訳してみるとこんな感じになります。


あんたから酷い仕打ちを受け続けた。

地獄を見せられた。

想像を絶する苦しみだった。

でもそれももう終わった。

お陰で強くなったし今は感謝している。

今じゃあんたのことが心配であんたのためにたまに祈っているの。

人生は因果応報。

自分のしたことは自分に必ず帰ってくるものなの。

(あんたのした事で、アタシが見た地獄や受けた苦しみがどんだけ酷かったかをアタシは知っている)

(あんたこの先に想像を絶する凄い大変なことが待ってるわよ。)

神様にすがらないとまじでやばいわよ。

あんたがどこかで祈っていることを願うわ。

その汚い心が変わっていることも。

あんたの平穏が見つかるように祈っている。

跪いて祈っていることを…。

※括弧の中は勝手に行間を推測したものです。


この歌は復讐ソングです。

凄く知的な呪いの歌です。

普通こういう内容の歌は興味は持たれても好感を持たれることはありません(日本では特に)。

でも成長し冷静な自分を見せることで好感度を下げることなく相手を貶めています。

喧嘩した時や怒った時は冷静になったもん勝ちと良く聞きますが

冷静ってやっぱり最強なんだなと思いました。


まぁとにかく僕はこの歌がとても好きです。

ケシャさんのこれからのご活躍を期待しています!





  1. 2017/09/27(水) 18:59:56|
  2. 音楽・Youtube
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad