三助堂鍼療院

丸の内線「新宿御苑前」駅A1出口より徒歩1分の「はり」「温きゅう」「マッサージ」院

なぜオイルマッサージが選ばれるのか

三助堂の
施術コースの人気順位を紹介します。

コースの詳細(施術コースと料金


1位 「オイルマッサージ90分」

2位 「鍼温灸マッサージ60分」

3位 「オイルマッサージ60分」

4位 「マッサージ90分」

5位 「マッサージ60分」


1位の「オイルマッサージ90分」はもうね、ダントツなんです。


なぜこんなにもオイルが選ばれるのか。

それを今回検証してみたいと思います。


オイルマッサージでも過去記事(筋トレにはマッサージが必須!?)で述べた科学的に実証された効果が同様に得られます。

では何が違うのか。

マッサージとオイルマッサージの違いは肌に直に触れるか否かです。

そしてオイルを滑剤として手のひら全面を肌に密着させてゆっくりなでるような手技(ストローク)を多様する点が、マッサージと大きく異なります。

この「ゆっくりなでる」ってのがまた違った効果を生むそうです。


人間の皮膚には速度や加速度や刺激の強度や皮膚のテンションなどの物理的刺激に反応する触覚受容器があります。

桜美林大学の山口創先生によると、最近これらの受容器とは全く異なる形で刺激を受容する神経線維が発見されたとのこと。

それが「C触覚繊維」です。

C触覚線維が他の4つの触覚受容器と異なる最大の特徴は、感情に関わるという点です[1]。つまり、触れたことで「気持ちいい」「気持ち悪い」といった感情を生み出し、すなわち「触れ(られ)ているのは自分だ」という自己意識にも関わっています。
引用元(オフラボ 触れることで感情を呼び起こす「C 触覚線維」とは?【肌からストレスオフを考える③】



このC触覚繊維は柔らかいものでゆっくりと触れた時だけ興奮するとのこと。

ゆくっりとは、秒速3~10cm(ピークは5cm程度)の速度です。

そしてこのC触覚線維が興奮すると、脳の視床を介して副交感神経を優位にしてリラックス効果を得ることが出来るのとのこと。

触ってもらえているという安心感や大事にされているという自尊心も高まるため、より癒されるのではないでしょうか。


オイルマッサージではマッサージとはまた別のリラックス効果を得られることが科学的に証明されたわけです。


三助堂の「鍼温灸マッサージコース」や「マッサージコース」でもゆっくりと触れることはあります。

けど、「マッサージコース」で多用する指圧や按摩の性質上どちらかというとリズミカルな動きがメインとなってしまいます。

三助堂の「オイルマッサージコース」はゆっくりとしたストロークを多用しながらも、深層部の筋肉やコリに対してはしっかり指圧や圧迫でほぐしていきます。


オイルマッサージで心も身体も是非癒されてください。

オイル2



参考元 山口創(2016)「人は皮膚から癒される」草思社

  1. 2017/11/15(水) 13:58:35|
  2. 施術情報
  3. | コメント:0

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad